MG長コメント

MG長 三浦里佳子

平素より多大なるご支援、ご声援をいただき誠にありがとうございます。

 

この度、2020年度男子部マネージャーリーダーを務めます、三浦里佳子と申します。

 

本年度も、私たちは“全日本選手権優勝”を目標に掲げます。

私たちマネージャーは、試合に出て点を決めて勝つ、というように、日本一に直接貢献することこそできないものの、練習面や運営面において、チームに貢献できることはたくさんあります。そして全員が、自分には何ができるのか、今自分のやるべきことは何かを考え、行動に移していく必要があります。

 

例えば練習面では、選手がプレーだけに集中できる環境を万全に整えなければなりません。メニューの進行を円滑にし、練習効率を上げるためにはどうすればいいのか、今選手が望んでいることは何か、さまざまなことに気を配り、“日本一の練習”をマネージャーが提供するべく行動しています。

 

「スタッフは、選手をサポートするだけでなく、自分たちが選手を日本一まで連れて行くという覚悟を持たなければいけない。」

これは、一年生の頃に先輩から教えていただき、今でも印象に残っている言葉です。

今まで育ててくださった先輩方への感謝を忘れず、この覚悟を胸に、マネージャー組織、そしてスタッフ組織全体からも日本一を目指し、精進していく所存です。

必ず悲願の日本一を達成します。

 

最後になりましたが、私たちの日々の活動は当部に関わる多くの方々の暖かいご支援により成り立っております。

この場をお借りして深く御礼申し上げます。

 

本年度も慶應義塾大学體育會ラクロス部男子を何卒宜しくお願い致します。

 

2020年度 男子部マネージャーリーダー 三浦里佳子