MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
全日本ラクロス大学選手権大会
2017年11月18日(土)11:00 @港サッカー場(名古屋)
慶應義塾大学 14
6 南山大学

【全大FINAL4 vs南山大学 結果報告】

平素より当部を応援して下さる皆様、誠にありがとうございます。


昨日行われました、全日本大学選手権FINAL4 vs南山大学の試合結果をご報告致します。


1Q 5-1

2Q 4-4

3Q 1-0

4Q 4-1

よって14-6で慶應の勝利です。


激戦の関東リーグを終え1週間。短い期間ではありますが、全国制覇に向け、抜かりない練習と対策を重ねました。


生憎の雨の中始まった第1Qですが、スタートダッシュに成功します。開始2分、2年AT#90 浅岡大地がゴール前でシュート、スコア。直後に1年AT#48 立石真也がフェイスオフからのフルフィールドで得点を奪います。

その後も浅岡と立石が着実に得点を重ねました。マンダウン中に1点を返されますが、第1Qをスコア5-1、4点リードで終えます。


続く第2Qは苦しい時間となりました。開始直後、3年MF#26 川崎元照が得点するも、その後は中々決め切ることができません。

ホームグラウンドの南山大学の勢いに押され、立て続けに失点。関東王者として点差を広げたい慶應はその後2点を返しますが、終盤にパスミスからさらに2失点。合計スコアは9-5、4点差ではありましたが、このQは4-4。決して気は抜けない状況でした。


第3Qでは、3年FO/MF 池垣陽介と3年G#58 井熊優の活躍が光りました。

開始6分、川崎がこの試合2得点目を挙げ10-5、5点差にリードを広げます。DF陣も相手にシュートの機会を与えず、無失点。いい形で最終Qに繋げます。


第4Q開始2分、立石が今試合6点目となる得点を決め、勢いを取り戻し始めます。その後1点を返されますが、井熊のナイスセーブが連発。オフェンスに繋げます。

ここで気を緩めず、更に点を重ねたい慶應。終了間際に4年MF#0 関根魁星と4年MF#42 田中聡貴が得点。本年度初得点となる彼らの得点は、会場を大いに沸かせました。

最終Qは14-6で、全大FINAL進出を決めました。



まだまだ戦いは始まったばかり。社会人チームとの戦いに向け大学選手権を勝ち抜き、日本一へ弾みをつけたいと思います。

応援の程、宜しくお願い致します。


《次戦のお知らせ》

11/26(土) 11:30FO

VS大阪大学

@駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場