MATCH INFO
試合日程・結果

試合結果
関東学生ラクロスリーグ戦
2017年11月11日(土)10:00 @駒沢オリンピック公園第2球技場
慶應義塾大学 8
7 早稲田大学

【関東FINAL結果報告】

平素より当部を応援して下さる皆様、誠にありがとうございます。

昨日行われました関東FINAL vs早稲田大学の試合結果をご報告致します。


‪1Q 3-2

‪2Q 1-1

‪3Q 1-1

‪4Q 3-3


‪よって、8-7で慶應の勝利です。



開幕戦の雪辱を果たすべく全部員一丸となって、勝利へ向かいました。


第1Q開始2分。4年AT#3 井上裕太が先制点を決め、慶應に流れをもたらします。その後は3年AT#39 小笠原圭允がキレのあるシュートを決めるなど、AT陣の猛攻が続きます。

また、3年MF#9 松平悠希や3年MF#26 川崎元照のナイスグラボも光り、細かいところまで手を抜きません。


続く第2Q、4年MF/FO#63 青木裕太郎がポゼッションを勝ち取り、オフェンスへと繋げます。その後開始2分、1年AT#48 立石真也がクリース前で華麗なシュートを決めました。

その後は両校共にパスミスが目立ち、満足なプレーができないまま、4-3で第2Qを終えます。


ハーフタイムには慶應の應援指導部メジャレッツによるハーフタイムショーが行われ、スタンドも後半に向け一層盛り上がりを見せます。


第3Q、FOで相手にポゼッションをとられ早稲田のオフェンスが続きますが、3年G#2 杉本健のナイスセーブに助けられます。

なかなか得点を決められずにいましたが、開始15分、1年AT#48 立石真也のまくりシュートが決まり、会場全体を大いに沸かせました。

スコア5-4で第3Qを終えます。


そして第4Q。リードを守りきりたいところ、開始早々に4年MF#24 矢島荘太朗と2年AT#90 浅岡大地が強烈なシュートを決め、点差を広げます。

また4年DF#21 原拓輝のナイスディフェンスや3年DF#5 片山瑛人のナイスチェイスにより、相手に攻撃の隙を与えません。


しかし、宿敵早稲田もここで引き下がる相手ではありません。相手の粘りの攻撃で2点を返され、1点差まで追いつかれてしまいます。


このまま逃げ切りたい慶應ですが、試合時間残りわずか、相手にゴール前でボールを持たれてしまいます。

サドンデスビクトリーへ持ち込むか、と誰もが思った瞬間。慶應のエース3年G#2 杉本健が魅せました。

彼の神セーブで1点差を守りきり、そのまま試合終了のホイッスルが鳴り響きます。駒沢が揺れた80分間となりました。


春の早慶定期戦では引き分け、六大戦では勝利、リーグ戦開幕戦では敗北とほぼ互角で迎えた今年4度目の早慶戦は見事慶應の勝利で締め括ることができました。


多くの方の応援に支えられ、掴み取ることのできた勝利となりました。

応援して下さった皆様、誠にありがとうございました。


この勢いのまま全大FINAL4も勝ち切ります。日本一まであと4勝、今後とも熱い応援の程宜しくお願い致します。



《次戦のお知らせ》

11/18 vs南山大学

@港サッカー場(名古屋)

11:00Face Off