Blog

ブログ更新情報


2017

【日記リレー 4年 石橋萌】

今シーズンからAチームの主要メンバーとして活躍している啓樹からバトンを受け取りました、4年マネージャーの石橋萌です。

啓樹から飛び出す天然発言を今後も楽しみにしています!



私たち4年生のラクロス部での生活も残り僅かとなりました。


最近は同期スタッフで、1年生の頃の思い出話をすることも多い気がします。

あんななつかしいことがあったね、あんなつらいこともあったねと。

その当時の思い出を振り返るとこの四年間は長かったような気もしますが、やはりあっという間だったなというのが私の実感です。




ここで、私の今の「DRIVEシーズンにおける日本一への想い」を綴らせて頂きます。



ついに日本一まであと2つとなりました。


みんなまずはここまで連れてきてくれて本当にありがとう。


周囲からは弱いと言われ続けていた代で、

1つ1つ勝利を勝ち取り、

こうして日本一に着々と近づいてきていること、

今でも信じられないです。


これも皆の日々の努力がかたちとして、結果として表れたのだと思います。



関東final4や関東finalではみんなひと回りもふた回りも成長している気がして、そして最後まで粘り強く頑張る姿は本当に格好よくて感動しました。



ラクロス部のマネージャーを続けていて良かった、

私はこのチームを支えるマネージャーになって良かった、最近はそう思うことの連続です。



私たちマネージャーはサポート組織であるから、日本一に直接的に貢献することはもちろんできません。

仕事も完全裏方であるし、モチベーションの保ち方などもとても難しい時期もありました。

なんでマネージャーをやっているの?と聞かれて、

それにうまく答えられなくなった時期もありました。



でも、私たちは選手、コーチ、マネージャー、トレーナー、アナライジングスタッフ全員で日本一を目指すチームであって、

日本一への道のプロセスの中で、それぞれのポジションができることは沢山あります。

チームがより良い方向へ進むように導く、マネージャーの仕事に私は今では大変やりがいを感じています。



そして、ラクロス部のマネージャーは事務の仕事などだけではなく、練習を回したり、試合では審判としてですが選手と共に走ったり、グラウンド業務がメインなので、

選手が努力して頑張っている姿を1番近い場所でずっと見てきています。


だからこそ試合で選手の活躍している姿を見ると、より大きな喜びを感じることができるのだと思います。



私は、試合で勝った時の皆の姿、皆の笑顔が大好きです。

そして、試合に出ているベンチメンバー、そしてスタンドで応援してくれているメンバー、

150人みんなで喜ぶ瞬間が本当に幸せです。




様々な道がある中で、ラクロス部のマネージャーという道を選んだことに悔いはありません。



ここまで育てて下さった先輩方、

ついてきてくれた後輩達、

個性が強すぎる最高の同期達、

ぴー、璃咲、春花、実春。


本当に感謝しています。




日本一まであと2つ。


関東決勝での喜びを超える感動を、12月に江戸川陸上競技場で150人と味わいたいです。




まとまりの無い文章でしたが、ご拝読頂きありがとうございました。

次はラクロス界のゴーリーカップル、ゾネス石山よろしく!


WRITER:石橋萌
コメント
名前

内容