Blog

ブログ更新情報


2016

日記リレー 3年原拓輝

留学帰りの双子になんとなく負けている仁尾くんの次は原です。


自分にとっての日本一ということですが、僕が思うことは二つです。

一つは選手としての覚悟。試合に出ている選手は絶対に勝負に勝たなければならない、ただ勝つだけでなく見ている人を熱くさせるプレーをする、それがチームを代表して戦う選手の使命だと思います。僕は一年生の時、めちゃくちゃかっこいい先輩たちの姿に憧れて自分もこの舞台でプレーしたいと思いました。自分の原点はここかもしれません。そんな自分の原点を作ってくれた先輩たちのように僕も後輩を、そして試合を見ているすべての人を熱くさせられる選手になりたいです。そんなプレーができる選手がたくさんいるチームが日本一のチームだと思っています。


それともう一つ思っていることがあります。それは先輩たちとどうしても日本一になりたいということです。自分の原点を作ってくれた尊敬できる先輩、陰からチームを支えてくれている先輩、気づいたら同級生な先輩、迷惑かけすぎて胃に穴が開きそうな先輩、ハゲそうな先輩、そんな先輩たちを日本一にしたい。そんな先輩たちと日本一になりたい。あとちょっと死ぬ気で頑張ります。滾ります。滾り散らかします。


次は人間生活にリーチがかかっている弘くんです。体を張って頑張るのはいいけど揺れすぎな。まあとりあえず、滾れ。



WRITER:原拓輝
コメント
名前

内容