Blog

ブログ更新情報


2016

’16 インタビュー 第1回 「リーグ戦へ向けて〜下級生編〜」


厳しい暑さが続いておりますが、いよいよリーグ戦が始まりました。

ということで本年度のインタビュー企画「リーグ戦へ向けて」下級生編のインタビューを始めます。インタビュアーは2年mg中村文が務めさせていただきます。

今回のインタビューは2年G♯2杉本健です。

——早速だけど、今年のリーグ戦への意気込みや個人の目標を話してもらいたいです。杉さん(杉本)は去年もリーグ戦に出ていたわけだけれどそれも踏まえて教えてください。

杉本:去年出ていた分他の同期より経験があるし、しかもスタートで出るということでしっかり今までやってきたことを出し切らないと負ける、という責任感ももちろんある。その反面、まだ2年生だから先輩方の肩も借りつつ伸び伸びとプレーして去年よりもより高みを目指したい。自分個人としては学生の中で1番上手いゴーリーになるべく今シーズンはやってきたのでそれをしっかりと体現できればと思います。

——今年も早慶戦のメンバーに選ばれて、早慶戦では4年越しの勝利を収めたわけだけど、その時感じたこととか転機になったこととかあれば教えてください。

杉本;素直にとても嬉しかった。去年一年間ずっと試合に出させてもらえていたけれど、チームの役に立つよりかはチームの足を引っ張ってしまっていた。去年のリーグ戦のFinal4の早稲田戦も試合に出ることができていなくて、今年の六大戦の早稲田戦も全然活躍出来ずに負けてしまってとても悔しかった。そのような状況で迎えた早慶戦で、自分の中では初めてと言っていいくらいチームに貢献するプレーができて、あのような形で勝利を収められてとても嬉しかった。でもそれだけではなくて、早慶戦のMVPは慶應の丸山さん(4年MD♯11丸山翔平)だったけれど、VPは早稲田のゴーリだったのだよね。その時点で、学生の中で一番うまいゴーリーになるという自分の目標に向けてまた一つ壁が出来てしまったから、そこを超えないといけない、というリーグ戦への新たな決意が生まれたよ。


——RISEシーズンへの目標とか4年生の方に対する思いとかはある?

杉本;去年から一緒にやっている先輩が多くて、さっきも言ったけれど貢献できていないと感じることが多かったから、今年は活躍して日本一に少しでも貢献するんだという気持ちが強い。4年生のDFの先輩方は特に教えてもくれるし優しくもしてくれるしすごくいい先輩ばかり。尊敬している人たちばかりだからその人達をなんとしてでも勝たしてあげたい。日本一に今年のチームでなりたいっていう気持ちは強い。

——ずっと気になっていたのだけれどモチベーションはどう保っているの?

杉本;それはよく聞かれるんだけれど今シーズン入ってからのモチベーションは保てていてそれはなぜかっていうとチーム内でとはあまり考えていなくて学生内で一番のゴーリーになりたいとかクラブチームで負けたくない人がいるからだと思う。

——例えば?

杉本;U22(22歳以下の日本代表)の選考で俺が落とされた時に選ばれた先輩達よりは上手くなりたいと思う。

——今年は学年でつま恋カップ(杉本は学年幹部を務めた)に行く機会があったり、1年生が入って初めて部活内で後輩という存在が出来たりした訳だけれど、それによって気持ちに変化があったりした?今年の1年生のアーセナル(大学からラクロスを始めた1年生のこと)は上手いと言われていて、年内あたりには解体して他のチームに入ってくるけれど、それに対して危機感とかはあったりするの?

杉本:俺は高校の時から仕切る立場だったからそれに対して何の感情もないけれど、仕切る立場の人が上手くないと聞いてもらえない。だからどうやって聞いてもらうか考えるよりは俺は自分が周りを黙らしてやろうじゃないけれど、そういったことは考えている

——背中で見せるっていうこと?

杉本;そうそう。そういう気持ちでやるということを考えている。

——下級生、例えばアーセナルのゴーリーとかに対してはどういう風に考えている?

杉本;アーセナルのゴーリーは3人いて、淳太(1年G♯135田中淳太)は中学の部活が一緒なんだよね。

——え、そうなんだ!何部?

杉本;バスケ部。それで何度か話しをしていて、プレーはあまり見たことがないのだけど上手くなってほしいなという気持ちが強いな。天野(1年G♯100天野泰明)はMDとゴーリーで迷っている時からアーセナルコーチを交えて話したことがあって、結果としてゴーリーを選んでくれた。天野が上手くなるかどうかが来年以降に大きく関わってくるかなと思っている。そういう意味では、他の人を上手くしないと、という気持ちを感じるのは初めてかもしれない。

——海外遠征のメンバーにも選ばれた訳だけれど、それについてはどう?選ばれると思っていた?

杉本;俺はHofstraと試合した時に、相手がどのくらい本気だったかはわからないけれど、自分が想像していたよりもいけるなっていうのがあって。

——それはどういう?

杉本;チームではなくて自分のことなのだけれど、相手のシュートを思ったよりセーブできたりした。海外遠征もそれを機にとても楽しみになってきて、具体的に自分が本当にどのくらい向こうでも通用するのか知る上でも、より上手い選手のシュートを受けることで自分の目指すべきレベルが見えてくると思う。

——では最後の質問です。今年開幕戦が去年と同じ東京大学な訳だけれど

杉本;日付も同じなのだよね。

——そうなんだ。因縁の試合だね。普段の試合も緊張すると思うけれど、初戦ということで合宿とかもそこに焦点を当てているよね。それも踏まえて普段とは一線を博した試合だと思う。そんな東大戦に向けた意気込みを教えてください。

杉本;去年負けた東大と、去年と全く同じ8月13日に試合ができる。昨年自分も途中から出ることができたけれど、最後の最後に決められて負けてしまって悔しい思いをした舞台。今年こそリベンジしたい気持ちが人一倍強いです。

——ありがとう。2年生ということで2年目のリーグ戦。リーグ戦への思いも去年より強いし、同期の秘める思いを聞けて個人的にリーグ戦へのモチベーションも高まりました。


上記の東大戦は無事、勝利することができました。沢山のご声援、誠にありがとうございました。

リーグ戦2戦目、一橋戦が迫っております。必ず勝利し、慶應に更なる勢いをもたらします。

皆様是非会場に足を運んで声援をくださると幸いです。

8/24vs一橋大学@つくば大学セキショウフィールド 11:00FO


コメント
名前

内容