Blog

ブログ更新情報


2019

【日記リレー 4年 吉永克広】

ショートカットでニット帽をかぶっている外国人が大好きなガリガリやまべりくんからバトンを受け取りました。吉永克広です。


長い長いリレーもゴールまであと僅かなのでもうしばらくお付き合いください。


天野からMDからGに転向するべきか否かの相談を受けたのがもう3年前と思うと、時の流れの早さに驚きを隠せません。ちなみに僕はとりあえずMD続けた方がいいって言った気がします。間違えてますね。


毎年めんどくさいなぁくらいの気持ちで書いていた日記リレーですが、今年で最後ということで自身の想いと現部員へのメッセージの2つについて真面目に書きます。





僕は體育會の部活である以上、1番大切なことをは試合にでて活躍しチームの勝利に貢献することだと思います。


しかし自分は途中からスタッフになりました。

 


勝負と努力の世界から降りたといえばそれまでだし、己の努力不足、実力不足からそういった選択肢を考える必要があったのも事実です

ただ心の中に部活を辞めるという選択肢はありませんでした。

それは自分がこのラクロス部が好きで、そんな部にとっていてもいなくても変わらない存在には絶対になりたくなかったからです。
そう思えたのはこのスポーツの楽しさを教えてくれた先輩方、頼りない自分なんかを慕ってくれる後輩、そして共に色んなことを乗り越えてきた同期の存在があったからです。

ラストシーズンを迎える今となって後悔は一切ありません。

チームの為に何ができるか。
1,2年生にはイメージしづらい話かもしれません。

試合出て得点を重ねるのはいうまでもなく貢献ですが、各所属チームで上を目指してがむしゃらに頑張ったり、選手へのコーチングや日々の練習の運営、グラウンド外での相手チームの分析だったり、応援で誰よりもでかい声を出すことだって立派な貢献です。
綺麗事に聞こえるかもしれないけど、今は本当にそう思います。

形は違えど一人一人が考え、行動した結果チームが勝利するのはやっぱり嬉しいし、同時にその一員として自分がいることを誇りに思います。

だからこそ最高学年として、自分自身が他の部員から「あいつの為なら」「この代の為なら」と思われる様な人間であるべきだと思います。





少しかっこつけた事を書きましたが、どんなことがあろうと僕はあと3ヶ月でこの部を去ります。
だからこそこの場を借りて現部員に、特に後輩に伝えたいことがあります。

それは「己を信じぬくこと」です。

これは現在の実力に驕り高ぶることでは決してなくて、如何なる状況でも自分自身の可能性を信じて、報われるかもわからない努力をし続けることです。

これは誰しもができることではないです。

人事への不満だったり、ケガだったり、単純に実力が届かなかったり。努力が思うように結果として現れることばかりじゃないと思います
どんなに頑張ったってトップチームに上がれるとは限らないし、その一方でたいして努力してないのにめきめきと上達する人だって中にはいるかもしれない。しかしいま試合に出てる人間は少なくとも自分を信じて頑張り続けた人達だと見てて思います。

実はこれは自分が1番できなかったことです。

だからこそ本気で頑張ってる奴をみると、どうにかして役に立ってあげたいと心から思います。


トップチームに食い込めない自分をただ情けない、意味のない人間だと思わないでください。


己を信じられない人はそもそも努力する価値なんてありません。だからこそまだまだこれからのみんなは限界をきめず、自分にはまだ何かできるって最後の瞬間まであがいて努力し続けてください。

目標に向かって真っ直ぐ努力している人間は本当にかっこいいし、残り数ヶ月間そういった人に対して自分はできるかぎりのサポートをしていきます。共に今シーズンを最高の結果で締めくくりましょう。







長々と偉そうなことを書きましたが、言いたいことはつまり「頑張れ!」ってことと「この代で勝ちたい」ってことです。



思えば高校からの知り合いはけんじょうしかいなかったし、初期の圭、わっきー、いっきはめっちゃ怖いし、新野の家は臭くて狭いし、かんた車は毎回うるさいし、淳平はヘルペスで練習休むし。
挙げたらきりがないくらい本当に色んなことがありました。


もちろん楽しいことばかりではなかったけど、あの時よーえーの誘いに乗って入部してよかったと本当に思います



そしてなにより同じ部門で支え続けてくれた晴香には本当に感謝しています。
今でも1番頼りにしているし、晴香だから一緒にやってこれたと個人的に思ってます。ありがとう。







何気ないけど大好きなこの日々が続くように、
日本で1番長くラクロスをして、1番高いところで勝利の若き血を歌おう。





俺らなら絶対にできる。






長文失礼致しました。次は主務の星にバトンを渡します。
丸子の泥にまみれてグラボをしていた彼はいま部の運営で大忙しです。

引退しても坊主はマストだからね☆
コメント
名前

内容