News

最新ニュース


2018.03.19
幹部挨拶

【2018年度幹部挨拶⑦ ASリーダー 鈴木康介】

平素より多大なるご支援、ご指導をいただき、誠に有難うございます。

この度、2018年度男子部アナライジングスタッフ(AS)リーダーを務めさせていただくことになりました、鈴木康介と申します。

当部は実に19年もの間、全日本選手権優勝から遠ざかっております。昨年、一昨年と全日本大学選手権を制覇致しましたが2年続けて社会人の壁に阻まれる形となりました。

そこで慶應ラクロス部男子は、どこかを変えなければならない、それを「一体感」に見出し、"UNITE"をスローガンに掲げて今年1年間突き進んでまいります。

このように、どこか変わらなければならない本年度を、私達ASは「転機となる年」と位置付けております。
成立して未だ間もなく伸び代があります。
またその特性上、成長次第では大きく当部が日本一へと近づく要因に成り得る部門であると再認識し、本年度のテーマを「ビデオスタッフからASへ」と設定致しました。
今年度、そして将来の当部の成長の礎となるべく、覚悟を持ってこの1年へと臨み、10年ぶりの大阪開催となります全日本選手権決勝において、勝利の若き血を轟かせることをここに誓います。

最後になりましたが、多くの方々からの多大なるご支援、ご指導により当部は現在活動できていると日々実感しております。
この場を借りて厚く御礼申し上げます。

今後も體育會ラクロス部男子を何卒宜しくお願い申し上げます。

2018年度 男子部アナライジングスタッフリーダー 鈴木康介