News

最新ニュース


2018.02.06
幹部挨拶

【2018年度 幹部挨拶 ①主将 淺岡大地】

平素より多大なるご支援、ご声援をいただき、誠にありがとうございます。


2018年度男子部主将を務めさせていただきます、淺岡大地と申します。


はじめに、本年度のスローガンは"UNITE"です。

意味は文字通り、日本一に向かい"団結"すること。一つの声、一つのプレー、チームに所属する一人一人が団結し、一つの大きな集合体になってこそ、慶應ラクロスとしての真の強さが生まれると思います。



昨シーズンは全日本選手権準決勝で社会人チームのSTEALERSに敗北。

"全日本選手権優勝"という目標を達成することができませんでした。


我々が全日本選手権で優勝し、"真の日本一"の称号を得たことは、1999年以降一度もありません。

社会人との間には19年間、大きな壁が存在しているのです。


その大きな壁に風穴をあけるべく、我々は本年度も“全日本選手権優勝”を目標として掲げます。

“主体性”を重んじ、ラクロスのパイオニアとして“模範”となり、社会人を丸呑みにする“熱量”を持つ。

一人一人が自分にとっての"UNITE"の意味を考え、それを1年間やり抜き、"真の日本一"になることこそが我々パイオニアとしての使命です。

日本ラクロス、慶應ラクロスの礎を築いて下さった先輩方の為にも、今年こそ、19年間変わることのなかった歴史に終止符を打ちます。


私はこの1年間全身全霊を尽くし、熱すぎるくらいの熱量でチームを勝利に導き、必ずやこの目標を達成すべく精進してまいります。


最後に、我々の活動は当部に携わって下さる皆さまの温かいご支援によって成り立っております。心より御礼申し上げます。


本年度も慶應義塾大学體育會ラクロス部男子を何卒よろしくお願いいたします。


2018年度 男子部主将 淺岡大地