副将コメント 

新入生の皆様へ ②副将 #28一瀬拓也

新入生の皆様、ご入学おめでとうございます。

本年度、慶應義塾體育會ラクロス部男子副将を務めます、一瀬拓也と申します。

我々慶應ラクロス部の魅力は、「学生主体」であることだと私は考えております。

ご自身の高校生活を振り返ってみてください。
監督や顧問、コーチの方が主体となって運営している部活が大半を占めることと思います。

しかし慶應ラクロス部は戦術、練習メニュー、トレーニング、スケジュール等、全てを学生主体で考え、日本一という目標に向け組織を運営しております。
自分たちのことを一番知っているのは、自分たち自身です。

勝っても負けても、自分たちが選んだ選択だからこそ、そこには納得感と達成感があります。

大学生は高校生までに比べて自由な環境に身を置くことになります。
自由とは選択の幅を広げることだと、私は解釈しております。

様々な選択肢がある中、自分は大学4年間で何を達成したいのか、今一度考えてみてください。
主体性を以て日本一を目指す、という確固たる決意を持った新入生を心から歓迎いたします。